カテゴリ:スケーターへの道( 29 )

雪は積もっていなくても、お天気さえ良ければ滑れるってのがいいね♪
かなり久し振りに滑ってきました。しばらくやってなかったので最初は少し
怖いな、と思ったけど、すぐに感覚が戻ってきて・・・前より長いストローク
で滑れるようになったんじゃ?と思いました。来週あたり、また行こうかな。

あ、でも途中でおかしなちゃりんこオヤジが現れて、綺麗に並べてある
パイロンの間をチャリで走り始め・・・危ないってーのに。。。次からあの
おっさんが常連さんになったらどうしよ?という不安も(汗)。

練習のあと、師匠の新居にお邪魔。パスタをご馳走になりました。料理も
スゲー上手だし、何でも出来るなぁ、あの方・・・(憧)

[PR]

by skater-kowloon | 2007-01-28 03:31 | スケーターへの道

久々に滑ってきました♪半年近く滑ってなかったので
滑れなくなってたらどうしよ・・・と思ってましたが大丈夫でした。
友人T郎さんに頂いた靴も試してみました。今まで使っていた
靴とはメーカーもタイプも違うけど、少しずつ慣れて行ったら
いい感じになるかなぁ^^

[PR]

by skater-kowloon | 2006-09-08 03:07 | スケーターへの道

日曜日に師匠のお宅で餃子をご馳走になりました。

お邪魔してまず感じたのは、酒だらけの家だ、ってコトw
お酒大好きだとは聞いていたけど、壁に沿ってズラズラ~
っと色んなお酒が並べてある。奥の部屋に入ると今度は
ワインラックまで置いてあった。

作る所から見せて欲しいとお願いしていたので、私が着くと
材料の準備が出来た状態になっていた。刻んだ白菜に塩を
入れて手で揉んで水分を出す。みるみるうちに白菜から水が
出てきて小さくなっていく。

次に皮の生地を作る。ボールに小麦粉を入れて(普通の家庭
にはないハズの大きさのボールw)熱湯を注いで混ぜる。
なんでこんな熱いのを手で直に触れるんだろ・・・(汗)あっと
いう間にまとまった感じになる。ポリ袋に入れて、隣の部屋の
作業台へ持って行かれた。

お肉を切る作業。豚バラの薄切りを包丁で細く切っていく。
ミンチ肉と違って繊維が残るので、まとまりやすい具になる
んだそうです(by師匠)。

切ったお肉を白菜と合わせてお箸で時計回りの方向にグルグル
グルグル混ぜる、ひたすら混ぜる。粘りが出てきた辺りで、生姜を
すりおろして入れる(すりおろすスピードが激しく速い&すげーワイルド
そんなに入れて大丈夫かいな?と思うほど生姜入れてました)。
そこへお醤油をドボドボドボドボ・・・お醤油も「そんなに入れるの?」
と思うほど入れてました。あと、ごま油もドボドボドボドボ・・・・・・・。
で、再びグルグル混ぜて、最後にまたお醤油をドボドボ・・・・・・。

隣の部屋に移動して皮作り♪自分で皮を作ったコトのない私は
ここが一番興味があったのでした。お手伝い・・・と思っていたのに
あまりの手際のよさに見とれていて、何も出来ないうちに皮は出来て
しまっていました(汗)。

皮が出来たら、今度はみんなで包む作業!中国人は、なんだか自分と
違う包み方をしていることに気づく。しっかり包めていて、しかも驚くほど
はえー!!この人達、何者!?ぐらいのスピードw 包み方を教えて
貰ったけど、うまく出来ない。私が包んだ餃子だけ目立つ(汗)。
かなりの数だったけど、この作業もあっという間に終わり、師匠が餃子を
蒸し始めた。その間に、こちらはテーブルセッティング。

何飲む?と聞かれて、「何がありますか?」と聞くと、ビール、ワイン、あとは
焼酎もあるし・・・って、全部酒じゃんw 私、車で来てるんですけど。。。
ビールは飲めないと言うと、ワインを注いでくれて、みんなで乾杯!!

師匠は餃子のほかにも色んな料理を作ってくれていた。なすの揚げびたし
のようなもの、八角の入ったピーナッツの煮物?のようなもの、四川風の
煮豚、サラダ・・・どれも本場の味がして嬉しくなった。餃子も絶品だった。
ガブッとかじると、中から肉汁がジュルル~っと。しばらく飲んだり食べたり
して色んな話をした。

二週間ほど前に師匠の足から取り出されたチタンのボルトも見せてもらったり。
9月頃になったら、また滑れるんじゃないかと言っていた(この時期じゃなくて
良かった。暑いのは苦手なもんでw)。

帰りに冷凍餃子のお土産まで頂いた♪あー、美味しかった☆

あ、いっぱい写真撮ろうと思ってたのに、バタバタしていてコレ一枚のみw

e0080288_593147.jpg

[PR]

by skater-kowloon | 2006-08-09 05:14 | スケーターへの道

スケターネタ!と言いたい所ですがー

今週末に市内某所でインラインスケートのイベントがあるらしく、
久し振りに師匠に連絡を取ってみました。

師匠:「時間を見つけて行ってみようと思ってたけど、実は今、滑れない」
は?何ですと?なんでも、ずっと前にスキーで骨折した足に入れてたボルトを
最近抜いたらしく、リハビリ中なのだとか・・・はぁ。

結局、師匠のお宅で餃子パーティーをするコトになりましたとさ♪
めでたし、めでたし。

[PR]

by skater-kowloon | 2006-08-03 00:46 | スケーターへの道

休みを取ってます。週間天気予報では曇りor雨の予定だったので、友達とお茶する予定だけ入れてたんですが、何やら晴れるようで・・・梅雨だってーのに、晴れ女パワー炸裂?笑
せっかくお天気なんだったら久し振りに滑って来ようかしらん♪

[PR]

by skater-kowloon | 2006-06-09 23:46 | スケーターへの道

ちーっともスケーターネタがない今日この頃・・・。ですが師匠の友達から
久しぶりにメールを頂きまして、週末にお茶するコトになりました♪(って
やっぱりスケーターネタじゃないんだけど)
ちなみに、その方はスケーターではありません。

こうしている間にも、夏らしく暑くなってきて、練習なんて出来ない状況に
なってしまうんだろうな・・・(涙)

日陰で滑ってみようかな・・・(弱っw

[PR]

by skater-kowloon | 2006-06-06 01:58 | スケーターへの道

いや~久し振りに師匠と滑ってきました。師匠は元々スキーをやってる人で、インラインスケートは、オフシーズンのトレーニングでやってたので、スキーシーズンの間は、私は殆ど一人で練習しておりました(寂)。スキーには行ってるのに、インラインスケートは「寒いから・・・」と言って、なかなか出てこない師匠(笑)。まぁ、いいけどー。

で、練習してると、チャリに乗った男性が一人近づいてきた・・・。何やら師匠と話して盛り上がっている様子。どうやら、師匠が、ここでインラインを始めた頃からのスケーター仲間らしい。バッグの中からアグレッシブ系のシューズが出てきた。いつも持ち歩いてるんだろうか?さすが・・・

二人から、滑ってるときの足の向きに少しクセが出てきていると指摘される(汗)。前から言われていて、気をつけていたつもりだけど、直ってないらしい。「だからストロークを長く出来ないんだよ」とか、「これをきちんと直さないと、片足で滑るのは無理」等と色々聞かされた(凹)。

次は、靴に付いているブレーキパッドを外して、調整してくれるらしい。何から何までお世話になりっぱなしな私・・・

[PR]

by skater-kowloon | 2006-03-12 13:13 | スケーターへの道

先週に続き、市内某所でちと練習。初めて人に見られながら滑りました。かなり恥ずかしかった(汗)。思っていたよりも上達している、とのコメントを頂きました♪が、本当でしょうか?(汗w
今日は美味しいモノ食べて、練習も出来て、お茶して、カラオケまで行って、それはもう満足な一日でした♪グリコさんありがと~^^

[PR]

by skater-kowloon | 2006-01-22 01:01 | スケーターへの道

土曜日は予定通り(?)午後から仕事をサボって(いや、無理矢理休みを取ってw)市内某所へ出掛けておりました。途中、師匠のお友達が偶然通りかかって、一緒にお茶してお友達になったり、これまた偶然通りかかったスケーターの女の子に声を掛けられたりして、ちょっと嬉しい土曜日の午後でした♪休んでみるモンですなぁ(笑)。次からはちょこっと仲間が増えるかも^^

さて、滑りの方は、と言うと、、、転ばなくなりました!(その程度?と突っ込まないでw)そして、ブレーキパッドを取り外そうと思っております。最初は「コレがないとやっぱ怖いな~」と思っておりましたが、全然使ってないし、これからは返って邪魔になる(←予定w)ので。

[PR]

by skater-kowloon | 2005-12-14 02:19 | スケーターへの道

はぁ~お歳暮シーズンで仕事も忙しくなってきたぜぇ(汗)。勤労感謝の日、自分の勤労に感謝しながら出勤し(笑)、思ったより早く終わったので、市内某所に行きました。てか、気が付くと、そこに居たカンジ?(笑)初めての、外で一人での練習~♪近くにはいつもの家族連れや、お子様、それとスケボー君やら自転車君やらがいましたが、師匠が一緒じゃなかったので、ちょっと心細かったな。でも転ばなくて良かった。。。(笑)早速、師匠に「一人で滑ってきました♪」と報告したところ、「一人でもやる気じゃなければ上達しませんよ」とレスが。ししょぉ~~~っ

[PR]

by skater-kowloon | 2005-11-25 01:51 | スケーターへの道